カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
富山県南砺の地で育まれた、旬の逸品。

焼き魚の上手な焼き方♪

●焼き魚の上手な焼き方

・魚は水洗いせず、表面の味噌・粕をさっと取り除いて下さい。

 そうする事によって、焦げにくくなります。

・味噌の香ばしい風味が焼くことによってさらに増します。

・最初に片面を中火で7〜8分ほど焼きます。

・魚を裏返し、さらに5〜7分ほど焼きます。

火の通りの確認は、爪楊枝で魚をさして、楊枝に身がつかなければ焼き上がりです。

●みりん干しは、軽く炙って、お召し上がり下さい。

みりん干しは皮面がこげやすいので、身の方で調整下さい。

◎オススメは「フライパン」使用です。
焦げ付きやすいみりん干しは、フライパンで焼くと楽です。

1.フライパンを温めて、クッキングシートをのせ、皮面を下にしみりん干をのせます。


2.火加減は弱火(焦げやすいので、)。皮に焦げ目がついてきたら裏返します。


3.身のほうに焼き色を付けて、できあがりです。

ページトップへ